《注意》デオシーク使用感は抜群|制汗優先なら市販デオドラントで充分!

 

こんにちは投稿者のHIROです(^^♪

 

この記事では、話題のワキガクリーム「デオシーク」の制汗効果について、どの記事よりもわかりやすく解説します。

 

臭い対策でデオシークを検討しています。

私は多汗症体質なので、消臭だけでなく制汗効果も期待してるんだけどどうなの?

 

デオシークがどんなに消臭効果があっても、噴き出る汗で溶剤が流れてしまっては効果が持続しないですよね。

 

しかも、クリームと汗が混ざってベトベトになったりしないのか心配ですね(*_*;

 

 

デオシークの制汗成分について

 

デオシーク公式ページのQ&Aより

デオシーククリームは汗も抑えられますか?
デオシーククリームの有効成分のひとつである『パラフェノールスルホン酸亜鉛』は強い収れん作用を持った制汗成分です。

デオシーククリームをご使用いただくことで、ニオイだけでなく汗を抑える効果もございます。

 

と確認できます。

 

しかし、制汗効果があるという結論は解っても、その仕組みについては専門用語が多く、何故効果があるのか今一イメージできないですよね。

 

そこで、この記事ではもう一歩深堀して解説していきます。

 

制汗剤とデオドラント剤の違いを理解

 

制汗剤とは発汗を抑制する効果があるものです。

 

皮膚に直接付けるとで毛細血管が収縮させて、汗の分泌が抑えます。

 

主な成分は、塩化アルミニウムやミョウバンなどの収れん剤と、酸化チタンなどの吸収剤。

 

ちなみに制汗スプレーのサラサラした使用感は、この吸収剤の働きのおかげです。

 

一方のデオドラント剤は、汗が発する臭いを抑える効果があります。

 

汗の臭いの素となる皮膚の常在菌に対して、銀イオンや緑茶エキス、重曹などの成分により殺菌する効果があります。

 

収れん効果とは?

 

「収れん」とは、タンパク質を変形させることで身体の組織や血管を縮める作用のことです。

 

お肌には毛穴や汗腺がいくつも存在しますが、この毛穴や汗腺をタンパク質を変形させた皮膜で蓋をして、普通よりも汗や皮脂の出る量を抑えるのです。

 

市販のデオドラントとデオシークの違い

 

上記の説明のとおり、ドラッグストア等で販売されているデオドラント剤の殆どは臭いを抑えるものです。

 

そして、デオシークに代表されるワキガ消臭クリームは、制汗+デオドラントという両方の働きを併せ持つ効果があります。

 

つまり貴方が汗対策で何を目的とするかを考えて選ばないと、期待はずれになってしまう恐れがあります。

 

たとえば、衣服の脇の汗ジミが気になるときには、殺菌・消臭がメインのデオドラント剤ではあまり意味がありませんよね?

 

こういった場面では汗そのものを抑制する制汗剤が必要です。

 

逆に汗の量よりも臭いが気になるときには、デオドラント剤で十分対策ができると思います。

 

 

まとめ

 

市販のデオドラント剤は、近くのドラッグストア等でいつでも手軽に買うことができます。

 

臭いを抑える目的であれば、それで充分ですね。

 

しかしデオドラント剤だとその場しのぎの対処になり、わきが臭の原因となる雑菌や皮脂を抑えることはできません。

 

目的に応じて、デオドラント剤・制汗剤を選択していきましょうね(^^♪

 

《デオシークは2019年3月1日、リニューアルしました。》

 

デオシーク公式ページはこちらから(^^♪

デオシーク

page top