《解決》デオシークはデリケートゾーン(すそわきが)にも消臭効果あり?

 

デオシークはデリケートゾーン(すそわきが)に使ってもいいのでしょうか?

 

過去にデオドラント用品をデリケートゾーンに使ったら痒くなってしまったけど、デオシークはどうなの?

 

デリケートゾーンという呼び名の通り、陰部はとても繊細な部分です。

 

しかも陰部周辺は肌荒れすると痒みが酷くなったり、かぶれてしまったりと注意が必要です。

 

なので、デリケートゾーンに塗るクリームはしっかりとチェックしておきたいですね(^^♪

 

そこで今回の記事ではデオシークは陰部に塗っても大丈夫なのか、肌荒れしたりしないのかについて調べてみました。

 

お肌に優しい天然成分配合なので安心です。

 

結論!デオシークは陰部にも安心して使えます。

 

デオシークは肌に優しいということにとてもこだわって作られています。

 

香料、着色料、石油系界面活性剤、鉱物油などの添加物を一切使用していないので、子供から大人まで、そして妊娠中の方も安心して使用することができます。

 

デオシークの販売元に問い合わせてみました。

デオシークは、無添加・無香料・パラベンフリーなど、とてもやさしい成分で構成されております。
お体にやさしく、パッチテスト済みの安心な製品となっております。
使用可能なお体の部分は、粘膜部分以外全身となります。
目や口の周り等の粘膜部分は避けてご使用ください。

との回答をいただきました。

デオシーク公式ページにある「よくある質問」
デリケートゾーンにも使えますか?

デオシーククリームは天然成分を使用し、低刺激の成分を使用しておりますのでデリケートゾーンを含め全身どこでも使用可能です。
※粘膜へのご使用はお控えください。デリケートゾーンにご使用の際は毛が生えているところや毛穴になじませるようにしてください。

子供にも使えますか?

デオシーククリームは天然成分を使用し、お子様からご高齢の方までご使用いただけるよう低刺激の成分を使用しております。また、原料や工場の製造過程・品質管理からお客様へのお届けまで、一貫して厳しい管理を行っておりますので概ね問題ないかと思われます。万が一お肌に違和感がある場合はいったんご使用を中止してください。
※皮膚疾患やアレルギーなどをお持ちの場合はお医者様にご相談の上、ご使用を検討ください。

妊娠・授乳中でも使用できますか?

ご使用いただけますが、この時期はお肌が敏感になっています。ご心配なようであればかかりつけのお医者様にご相談の上、ご使用を検討ください。
※デオシーククリームはバストにもご使用いただけますが、授乳中のバストへの使用はお控えください。

 

ということで、以下3点について確認できました。

 

  • デオシークは天然成分を多く使用している。
  • パッチテストもメーカーで実施済み。
  • デリケートゾーンにも安心して使用可能。

 

↓デオシークの公式ページで確認↓
デオシーク

 

デオシークの効果UP!お勧めすそわきが対策5選

 

日常生活の中でこの5つのポイントを押さえてすそわきが対策を行えば、デオシークの効果も更に高まります(^^♪
今日から是非取り組みましょう。

 

その1 汗や汚れをこまめに取り除く


汗や汚れはすそわきがの大きな原因の一つです。

 

生活の中で汗をかいたら、出来る限り早めにシャワーを浴びたり、デリケートゾーンに使用可能なウェットティッシュなどで拭き取るのが効果的です。

 

汗や汚れをそのままにしておくと、雑菌が繁殖しすそわきがの臭いの発生源になりますよ。

 

特に、生理中などにおりものシートやナプキンを利用している時には、蒸れて雑菌が繁殖しやすいので、昼の間だけでも3〜4回は交換するようにしましょうね。

 

その2 野菜やフルーツなど健康を意識した食事にする

 

実際に体の臭いと食事はとても関係性が高いとされていますが、すそわきがも例外ではありません。

 

ハンバーガー等のジャンクフード、コンビニ弁当、唐揚げなどの脂モノはすそわきがの臭いの原因になりやすいので控えるようにした方がいいです。

 

緑黄色野菜やフルーツなど健康を意識した食事にして、すそわきが体質を改善していきましょうね。

 

その3 デリケートゾーンを丁寧に洗う・清潔に保つ

 

すそわきが対策は「デリケートゾーンを清潔に保つ」事が大事です。

 

しかし、実際にはデリケートゾーンの正しい洗い方について知らない人が多いです。

 

デリケートゾーンはとても繊細な部分なので、間違った洗い方をしてしまうと逆効果になってしまう事もあるのです。

 

正しい洗い方の手順

 

一日を過ごしたデリケートゾーンは緊張状態にあります。皮膚も固くなっていますのでまずはゆっくりとお風呂につかってほぐしてあげましょう。ぬるま湯にすることがポイントで、10分から15分ぐらいを目安としてつかるようにしてください。お風呂にゆっくりとつかったデリケートゾーンは緊張もほぐれ汚れも落ちやすい状態になります。

 

ボディソープを使用して、たっぷりの泡で優しく包み込むようにして洗ってください。注意:決して爪を立てたり、タオルでゴシゴシは駄目です。また、洗いすぎも逆効果です。

 

また、膣の中は洗わないようにしてください。膣内の環境を整えてくれている常在菌がいますのでそれを壊してしまっては逆効果になってしまいます。

 

指の腹でなでるように優しく洗うまた、デリケートゾーンは複雑な形状をしていますのでその形状をしっかりと理解して洗うようにしてください。膣自体は洗わないように、外側にあるヒダの裏側まで一つ一つをていねいに泡と指の腹でなでるように優しく洗うようにしてください。

 

お風呂から上がったら徹底的に汗をふきとる折角、お風呂に入って丁寧にデリケートゾーンを洗っても、お風呂から上がった際にかいた汗をそのままにしておいたら、意味がありません。お風呂上りの汗は徹底的にふき取るようにしてください。

 

デリケートゾーンを正しく洗う事で、効率的なすそわきが対策になります。

 

その4 ストレスを溜めない

 

ストレスは自分では気付かないうちに体に影響を及ぼし、ホルモンバランスを崩し、すそわきがなどの体臭へとつながっていく可能性があります。

 

運動不足を解消するためにジムに通ったり、体内の新陳代謝を促し老廃物を排出することで、ストレス解消をし健康的な日々を過ごすように心がけましましょう。

 

その5 陰毛を処理する

 

人によって陰毛が濃い、薄い、多い、少ないなどがありますが、陰毛があることによってデリケートゾーンに湿気がこもりやすく蒸れて雑菌が繁殖しやすくなる可能性があります。

 

なので、すそわきが対策ということで考えれば「少ない」ほうが良いわけです。

 

すそわきがに悩んでいるのであれば、Vゾーンを中心に定期的に処理する事をお勧めします。

 

まとめ

 

デリケートゾーンの臭いとワキガの臭いは、発生する仕組みは同じなので、デオシークでの消臭効果は期待できます。

 

しかしデリケートゾーンはより敏感な部分なので、大切なのはデオシークが肌荒れやかぶれ等がなく、安心して使えるのかという事ですよね。

 

私自身の実体験やデリケートゾーンに使用した口コミ、そして天然成分を主成分にしている事等を考えると、その点の不安は払拭できると思います。

 

貴方がデリケートゾーン(すそわきが)でお悩みなら、一度デオシークを試してみては如何でしょうか?

 

公式ページはこちらから↓↓↓
デオシーク

page top